• 当サイトはうつ病、発達障害、複雑性PTSDの症状を生み出したつらい過去(DVやグレーないじめ)より自信が失われたり健康面が落ち込んでしまった経験より書いています。
  • やりがいが欲しいのでインターネットを使って好きなことで仕事ができるようにしてました。
  • 雑記もあります。

概ね行くなら南インドだなと思い、死ぬまでに食べれる食事の回数を計算してみた→1万回。

365日として1日に3回食事を食べるとする。おやつも含んでいいだろう。4回に。365 × 4は1456。1年で1456回、自分の好きなものを食べて良い権利がある。

今46歳、来年は6月が来たら47歳になる。あれ今は47歳だったかな?忘れたわ。そうかもしれない。大体それで計算して後20年生きて67歳。自分の家族は大体64歳で死んでいるので、まぁこのぐらいで死ぬだろうとして20年を見積もり1456回×20で29120回好きなものを食べる権利がある。約3万回好きなものを食べる権利があると言うこと。

3万回。67歳までに3万回好きなものを食べる権利がある。

67歳と言えば、70歳も近い。70歳になって、好きなものを食べる権利といっても健康的に食べれるものに限りがある。

つまりだんだん好きなものが食べれない現実に近づいていくわけだ。好きなものをガンガン食べれるようになると言う右肩上りのグラフではない。

だんだん右肩下がりになっていくグラフの中で3万回食事が食べれると言うことになるが。

3回に1回は自分の好きでは無いものも食べているはずだ。そうなると2万回になる。

人によっては、1日1回しか好きなものを食べてないかもしれない。そうなると死ぬまでに1万回しか好きなものを食べれないと言うことになる。

自分の好きなものを食べる以外の時間を作ってたまるか。

現代では周りに流され、食事が何か固定化されています。健康ブーム。豪華なものを食べようブーム。日本が豊かになった証拠です

こうすると一気に温めることができます。衛生面は大丈夫です。気をつけています。

南インドの料理は美味しそうだ。さらっとしたカレーは好きだ。ココナッツミルクも好きスパイシーなものが好きだ。大体の南インド料理はいけると思う。いろいろ食べてきたけれどもベトナム料理はちょっと上品感があった。ベトナムがいいかなって考える時に健康面ではあっさりしたいのが好きな人はいいと思う。しかし魚っぽさは人にはよる。タイ料理は間違いなくおいしい。ガパオライスとか割りかし日本人の味覚と味付けが似てるかなって思う。迷ってきたのはフィリピンだ。お上品が更に増す。味が全体的に薄いところが気になる。ガンガン動きたい人は沖縄料理ぐらい濃い味付けでも大丈夫。沖縄と言えば、男性があまり働かず女性が働くことがデフォルトになっている。しかも女性は長生きだそうだったと思う。沖縄で生まれたと言う彼氏が本当に働かなかった。でも、若い時にモテたんだろうなぁと思う。

ところで、死ぬまでに1万回しか好きなものが食べれないとなった。その結論を受け止め、1万回を自分の好きなもので食べれる人生にするために工夫していこうと思う。南インド^ ^