• サーバーとドメインを解約しています。4月末までにドメイン移管する体力が回復しなければブログがなくなることをお詫びします。

フィリピン・ボランティア団体・国際協力NGO認定・NPO法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会-2022感謝祭にお招きくださりました・サポーターも募集中

フィリピンボランティア団体・国際協力NGO認定・NPO法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会2022感謝祭にお招きくださりました・サポーターも募集中

国際協力NGO認定・NPO法人アクセス-共生社会をめざす地球市民の会2022感謝祭にお招きくださりました。

アクティボの紹介ページです♪(京都生まれですがオンラインでも参加できます)

きっかけは

フェアトレード商品

一昨年、紹介くださったフェアトレード商品。アクセス広報の今西さんからです。

【フェアトレード商品ってなに?】

ーより公平・公正に。開発途上国の小規模生産者や 労働者が、自らの力で貧困から脱却し、地域社会や環境を守りながら、サステナブルな世界の実現を目指す取組みー

子どもに教育、女性に仕事を

アクセスさんではフィリピンにて「子どもに教育、女性に仕事を」を課題とし生産者となる雇用(労働)をフィリピンにて事務所(職場)から作り、現地にスタッフさん達も配置、フィリピンのお母さん達がフェアトレードカードを作る労働が出来るように取り組まれています。

アクセスさんのフェアトレードカード

野田局長

「フィリピンで1枚1枚手作りしているフェアトレードのカード。

素朴なぬくもりと華やかさが同居している、なんとも愛しいカードたちです。

2枚売れると、生産者がお米1.5キロが返る収入に☺」

例えばこちらは購入させていただいたカードですが、1枚購入(550円)で5日分の米が確保されます。

手作り感が可愛いです。素材もこだわっています。

手作りなので、同じものは一枚もありません。

デザインの選考の為のアンケートも実施されています。

さゆ
さゆ

どんなカードが求められているのかな?と考えることで制作側もやる気が出ますし、販売するにはやっぱり求められているものを。なので可愛い!買いたい!となるのですね。

ありがとうの循環が沢山のありがとうに「happyが広がる手作りグリーティングカード」

その後、『子どもに教育、女性に仕事を』フィリピンと日本で活動する認定NPO法人・2022年アクセス感謝祭にお招きくださりました

『子どもに教育、女性に仕事を』フィリピンと日本で活動する、京都生まれの国際協力NGO。認定NPO法人アクセスさんにて活動内容などの議決、ワークショップの体験をくださったのが2022年アクセス感謝祭でした。

※議決権は正会員さんに有ります

フィリピンの現状の動画や活動の要点のスライドの上映、実際にフィリピンにて女性(お母さん)に実施しておられる用紙を使った感情を自己分析出来るワークショップに参加できました!

筆者は日本の貧困層で虐待と呼ばれるものを受けてましたがフィリピンでもそのような事態が展開されていました。

フェアトレード商品と一緒に撮影

同時に日本の学生さんにフィリピンの現状を知っていただき、今後国際協力したい若者の方を発掘するスタディツアーも。

「知って下さい、アクセス2022年度のがんばりどころ。」

アクセス感謝祭2022「知って下さい、アクセス2022年度のがんばりどころ。」の模様はこちら

総会で使われたスライドや決算報告書、動画(YouTubeチャンネル)もあります。

フィリピンのスラム街で人々が笑顔で逞しく生きている姿が有ります。

さゆ
さゆ

のだ局長さんとイマちゃんさんとの一緒の写真も掲載くださり嬉しいです♡

この度はお招きいただき有難うございました。沢山学べる楽しいひと時を過ごせました。有難うございます。

これでお母さんは子どもを学校に行かせてあげることができるようになります。

わたしの考え、調べになりますが、途上国の子どもはお母さんや家族の為に早く大人のように働けるようになりたい、家族を支えたいと思っていると思います。

その為には仕事が必要ですが、お母さんやお父さんにも稼げる仕事が少ない状況です。

勉強して学力をつけて日本やアメリカなどの賃金の高い先進国といわれる国で沢山稼ぎたいと考える子どもも多いと思います。

その為の学ぶ場所も学べる道具も少ない状態です。環境からして貧困の所謂スラム街と言われる場所です。

フィリピンは親日の国です。戦争からの歴史になります。

外務省: フィリピンという国:日・フィリピン国交正常化60周年

海外ボランティアへの疑問も有ると思います。日本が先ではないのかとの。

その日本の若者を支えてくれるのが東南アジアでのボランティア活動になっています。

筆者視点

豊臣秀吉さんの朱印船貿易で日本が発掘されたばこが伝来されたりガレオン貿易ルートでサツマイモが日本に伝わったり、鎖国になった時は日本が衰退したよ。いろいろあってラブアンドピースの関係を進めているんだ。

生きる力

意外と逞しく生きている現地の人たち、しかしフィリピンという土地の貧困により仕事と教育の場が課題です。日本の貧困でみられる女性や子供へのDVもあります。

そして、教育を受けご縁よりフィリピンのボランティアに取り組み生きる力を学び、後に様々な仕事として経験を活かす日本の若者達。

共に学び成長できるようになっています。

筆者の考察

物価が安い事を維持する人が必要と思いますが、土地の方にとっては安いが為に働いても働いても子どもが学校に行けない、稼げるお金もご飯を食べる事すら難しい。

日本に住んでいるとフィリピンでなくとも老後、東南アジアで月数万で暮らせる発想を持ちます。私もそうです。

定年まで働いて日本の為に税金を納めたご年配の方は日本で健康を維持したり、老後を考える時、介護保健制度は価格が高く設定されていると感じているとの感想があります。

そして介護保険制度の崩壊が危ぶまれていますが、新しい制度も作られていきます。余り変わりないと考える方は多いのではないでしょうか?

東南アジアの物価が高くなれば東南アジアで暮らしたくても選ばないと思います。選びにくい。

しかし、東南アジア諸国もボランティアで伸びる可能性を。

色々な想いがあり皆さまは参加されています。

ある程度のお金を持っており、東南アジア諸国で会社を起こしてそこで土地の方を雇用したり、土地でのビジネスを拡大して沢山の税金を払ったり、日本のサービスを現地の観光などと繋げて企業と現地のどちらにも利益を生み出す気持ちとゆったり生活したい気持ちを一緒に考える方はあまりいないかもな状況です。いいなあと思いますが難しいですね。

フェアトレードカードで楽しくボランティアできた時の感想

脱線しましたが、フェアトレード商品を購入することで少なくとも自分もフィリピンの人も嬉しいになります。

500円の可愛いカードで、種類も沢山あり、ひとつひとつが手作りで個性がある。

選ぶのも楽しい、みんなで選べばみんなの選んだカードを見て「たしかに!」と選んだ方の個性も感じれます。

オシャレ路線、可愛い路線、モダン路線、それぞれがそれぞれに「わたしはこれがいい!」と思って選べる素敵な時間に感じました。

余裕ができれば、筆者もまた色んなカードをできれば皆さまとワイワイ言いながら選び購入したいです。

イマちゃんさん、楽しいお時間有難うございました。

そして、またお声かけいただきありがとうございます。助かってます。

フェアトレードカードのお店はこちら^^♪

公式ホームページはこちら

アクセス-共生社会をめざす地球市民の会


他の記事>>潜在意識おすすめ本『からだの声を聞きなさい』

さゆ
さゆ

潜在意識を発揮する前に私が弱ってる!メンタル強い方だけど!?