• 当サイトはうつ病、発達障害、複雑性PTSDの症状を生み出したつらい過去(DVやグレーないじめ)より自信が失われたり健康面が落ち込んでしまった経験より書いています。
  • やりがいが欲しいのでインターネットを使って好きなことで仕事ができるようにしてました。
  • 雑記もあります。

お金の向こう側・お金で買えるものはない

お金の向こう側・お金で買えるものはない

今のコミュニティの価値観はこちらです。前のコミュミティーからかこの価値観です。(前提)

家で何かしてくれる家族、市場、時価総額、国債発行、幸せ、労働、雇用、お金とは何か(商経学)を学んだ時に、宮台真司さんの本や討論を観察してました。かなりやり込みました。あ、これが結婚のときに「考えている」と思われた理由でした。そうですね、使わなければこちらで節約しても好きなことをして貯蓄できます^^;;当時はパートナーの分まで共済の手続きのフローチャートを提出していました^^;;すげえ自分。

そこから大前研一さんのゼミに通っている方に出会うことが出来、本を書いているとのことでそれも購入。赤字国債についてわかりました。

人を幸せにする経済とのタイトルですが、主軸は肌感です。「お金の向こう側に人がいる」という本の著者さんとのお話です。

お金で買えるものはない。

ところで宮台真司さんの何が面白いかを解説します。

朝まで生テレビという当時の討論番組に出て、女子高生をリサーチした結果を発表。受け止めきれなかった女子高生に「ちげーよ!」と番組内で散々言われる。

自分の気持ちがわからない女子高生。違うんだろうなぁ。流行に乗っていないんだろうなぁ自分は。否定したいんだろうな。そんな気持ちじゃねーよって言いたいんだろうなぁ。リサーチした結果そうなんだ。「ちげーよ!おっさん!」と言われても金髪でがんばっている宮台さん。身近なコの自殺などもあり、うつ病になり、何度も再発を繰り返していました。確かに途中で思想が凝り固まってしまいました!?その辺から周辺の方がおかしくなり、これは暗いと思ってしまいました。死にたくもなると思います。ネガティブをどこまでも追いかける。

最悪の想定のしすぎなのか、こういう論客なんだと思います。

さゆ
さゆ

人間はピンチの状態で前向きに頑張る人を応援したくなります

100%そうとは言えない

人それぞれ。どこまで経験し、そう思えるかです。100%そうと言い切れることはありません。

あるとしたら相手がどんな人かだけです。これは異常時にどう人に対応するかです。土壇場での対応です。そうなると、付き合いを絞ることになります。子供、失って絶対後悔するものは子供です。

普段の土壇場での行動

どこまで自分より偉いと思える人に思っていることを言えるかです。(偉くないと判断したらとんでも論を言い出す方もいます。無理です。3時間くらいとんでも論は無理です。その後のどちらからかの対応にもなりますが、8時間のとんでも論を何回も聞いたら無理です。土壇場でしんどい時に8時間「わかっている方がだまっとけ」纏まっていない人と来て「邪魔です」←言ってることと思っていることが違う。これが「わかっている」ので黙っています。これはもうそういう人です。

最終的に第三者と来て、第三者の前で何か言われたら、第三者の前で何か言い返すしかないです。これがモラルハラスメントに唯一ダメージを与える方法になります。なぜこうしなければいけないのか、本人が気づけないからです。

付き合う事はありません。本人のためにやる事はありません。

走り続けたい理由

後は健康的に走り続けていると?叔父さんは胃を摘出、私と同じ神経の症状がでており、お医者さんに「普通ならしんでいておかしくない。長生きしすぎやで」と言われているそうです。

前向きポジティブに生きてます。同じような前向き加減です^ ^87歳とかになる模様。あれ?90代?んんん?そう思えないポジティブさです。自助努力で生きてます^ ^福祉の方に来ていただいていません。

おそらく、私はピンピンコロリを目指しています。子供に迷惑をかけたくない。

さゆ
さゆ

今のコミュニティーと今まで属してきたコミュニティーそれの共通点は最高のホスピタリティーです。「愛」です。

わかりやすいのは挨拶です。

人が来た時、オープンウェルカム(ようこそ)な態度。最後閉める「本日も良い1日をお過ごしください^^」

自分の中で、これが幸せな人とのやりとりでした。これがデフォルトになっているのがよい社会です。(珍しいとは思います)

これは、どれだけ幸せな人に接してきたか位だと思います。大体、こうやっていますが?できない時もあります。しんどい時、全く価値観が違う時です。

しかも、コミュニティや自分の健康状態によります。なぜだろう?

自分の心と同質のものを外側に見ます。振動数が引き合うということです。振動数を上げる方法は自分のワクワク気分(情熱)になると思います。

関連記事>>「自分がわからない」に辿りつきました。書籍で読んだものは後からわかる。おすすめ本「パワーか、フォースか」