• サーバーとドメインを解約しています。4月末までにドメイン移管する体力が回復しなければブログがなくなることをお詫びします。

潜在意識おすすめ本『からだの声を聞きなさい』・発達障害とインディゴチルドレン

潜在意識おすすめ本『からだの声を聞きなさい』・発達障害とインディゴチルドレン

こんな人に読んで欲しい

  • 発達障害と言われると自分には才能がないと感じ落ち込む
  • 発達障害の対策をしてきたけれど生きづらい
  • ありのままで生きるなんて無理

発達障害をインディゴチルドレンと捉えれば『優れた個性のひとつ』で『潜在意識を発揮しやすい』

生きづらさに悩んでいたところ人生の先輩から唐突に以下のようなアドバイスを頂きました

人生の先輩談

『発達障害1970年代生まれは
インディゴチルドレン。
もうその方面で生きたら
いいんじゃないのー?
元々みんなと違うんだから
合わせようとしたら
おかしくなってアタマエ』

インディゴチルドレン(英:Indigo children)はニューエイジの概念[1]であり、特別で変わった特徴を持ち、時には超自然的な能力[2]を持つとされる子どもたちのことである。クリスタルチルドレン3]、スターチルドレン[4]と呼ばれることもある。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』/インディゴチルドレン

詳しくは発達障害をインディゴチルドレン(スターシード)として捉え直し、情報を集め生きやすく出来るというお話でした。先輩はコンサルティングのお仕事をしています。バリバリにやっています。

わたしも先輩に仕事相談をしていたのでコンサルの内容と思っていましたが雑談とのこと。

しかし話をきき、調べていくうちに発達障害が既存の概念になりつつあると感じてきています。わたしもその方が健康にはなりやすいと感じました。今まで「障害」と思われず「性格」と言われていたように。

これからは「インディゴチルドレン」でもおかしくないとは思います。

ただのカテゴリわけですが、捉え方の違うものには別の名前を付けておくのが普通です。

捉え方が違えば対処法も変わります。例えば昔精神疾患のある方を何かに取り憑かれたと扱い祈祷で治そうと考えていた時代もあります。その次は東洋医学。そして現代手前、薬の治療である西洋医学。そんな移り変わりの歴史も有ります。

そのように考えると捉え方で対処が変わったと言えます。既に新しい健康情報は沢山有り、発達障害と捉えるよりインディゴチルドレンと捉えることで「潜在意識」の情報へもアクセスしやすくなり上手く人生が回りやすい。(自分の心が偏ることはない♪ 気づけない改善できない、モラハラパワハラ暴力のみ反対♪)

潜在意識については下の方にすこし記しています。

後にわかったこと「第4の発達障害」

後にわかったこと

既存の概念の発達障害というより、虐待含む不適切教育からの発達特性を持つということでした。「第4の発達障害」と言われていました。自分でできる治療法は潜在意識の活用にすごぶる近く有ったのでブログの方針はこのまま進めます。

さゆ
さゆ

はい。後にわかったこと。そのままいこー!すこぶる近い!(わお♪ちょうどいい♪多様性♪)

インディゴチルドレンの特徴

インディゴチルドレンなどのスターシードをざっくり簡単にいえばハッキリと言ってしまう、的を得てるなど宇宙人といわれる要素をもっている、くらいで今はいいと思います。

すこし付け足せば、空気読まないともいいまずが本質が見えやすい人ということ。いくつか特徴をあげてると、

  • 我が道をいく自分の意見をしっかり持つ
  • 他の人の意見は参考にもしない(というか考えの延長線上にあるもの以外は混ぜるな危険と思っています)
  • 変わっているので取っつきにくいと思われる
  • 集団行動が苦手
  • 天職を見つけると、能力を発揮して、名を世に知らしめるほどの偉業をやってのける人もいる
  • 大人になるほど、インディゴチルドレンは、ライトワーカーとしての特徴が出てくる etc…

当てはまりましたか?わかりにくいかもですので、著名人ではどんな方がいるのか参考にみていきましょう

インディゴチルドレンと言われる著名人

  • ヒカル
  • 桜井和寿
  • 米津玄師
  • 奥田民生
  • 鳥山明
  • 江川達也
  • ジョン・レノン
  • ポール・マッカートニー  etc…

だんだんしっくりきてきたかとは思います?皆さん自分らしく生きている方ですね。

さゆ
さゆ

これで「身の程知らずが!」といわれても何さまなの?本人なの?

テレビをみてないのであんまり知らないけれど「らしい」ので・・・ヒカルさんはyoutubeで見てました^^♪

しかも楽しく得意な事をしています。

今は楽しく生きて波動が上がる上手く行ける時代。楽しく生きるだけで世界的に波動が上昇します。世界に良くて楽しい事をする人が生きやすくなるわけです。では発達障害と言われることもあるインディゴチルドレンは何をすれば楽しいのか?

創造性を活かし続ける事。潜在意識の本を読んでみてください。

さゆ
さゆ

楽しい事の見つけ方はあなたが努力のいらない事です

スピリチュアルなの?シンクロニティ(共時性)とは「意味のある偶然の一致」必然♪

自分の魂の世界だと思います。損得ではなく自分の心がどう感じるかの感情を大切にした世界であるとの解釈です。

エンジェルアンサーオラクルカードの作者ドリーンバーチュー博士の息子さんもインディゴチルドレンだったそうです。タロットにハマった時色々なYouTubeで使用されているのをみてました。

海外版をメルカリ購入してました(゚o゚;;これのことだったのか!

タロットやオラクルも潜在意識を活用した世界との解釈です。卜占であるタロット。共時性=シンクロニシティ「意味のある偶然の一致」で鑑定しますが、

例えば7枚のカードの辻褄を相談内容に応じて合わせて解釈していくとして、結果は恐らく占い師がどう感じるかを大切にしています。

占い自体は損得ではなくカードを解釈しているはず・・・その後のトークは人によると思います。

シンクロニティの発揮についてはカードをシャッフルするときの集中力にかかってくるとの判断でありADHDの過集中を持つ方にとって有利であるとのわたしの解釈で話を進めています。潜在意識にさらにアクセスしやすくはなっているはずです。

シンクロニティ(共時性)とは「意味のある偶然の一致」という意味でした。

さゆ
さゆ

必然と解釈します♪大切にしよう♪

そもそも潜在意識とは

人が考えていることは顕在意識で脳の数%しか使っていません。ほとんどのことは潜在意識の9割以上の脳で私達は動いています。心臓が意識せずとも動く、爪や髪が意識せずとも伸びる。これらは潜在意識の働きです。

さゆ
さゆ

ポイントは無意識です♪心の調子が悪いと体の健康つまり「老化早まる」くらいにおもってます♪

何か考える時に自分の内なるものに従っているかは意識しないと気付けない。この内容が「潜在意識を発揮する」ということ。内容的に内なる声に従うので自分らしくありのままに生きれる。

本当の自分に気付くことで、自分というものを迷わず生きれるので一直線に進める。元々発達障害の方は性質的に気がつけばこのあたりの理解は早いと思います。

殆どの他人の事は自分のエゴ。自分がみてる幻だ!

殆どの他人の事は自分のエゴ。自分がみてる幻だ!

そして潜在意識に従うと、殆どの他人の事は自分のエゴであり、ほとんどの目に見えていることは幻でした。

このことの理解でもトラブル(問題)は減りますのでやはり進みやすい。色々な今までのひっかかりや悩み(生きづらさ)が解消すると思われます。

例:子どもがいう事を聞かない→子どもは困っている?→今、困っているのは言うことを聞かせたい親!

(怒ったり、困ったりが避けれる/別の対策ができる)

からだの不調から何に躓いているかを知ることができる

のちに紹介する『からだの声を聞きなさい』という書籍には沢山のワークが有り、からだの不調から自分のこころを見つめ、潜在意識を鍛えることができます。

エゴや幻に囚われない為、対人関係で間違うことも少なくなります。もしワークのとおりに実践して相手から叱責を受けたりスルーされることが有っても、相手に必要となる事が有ればいつかまた相手から来ることになります。

繰り返しお互いに成長していきます。そういった対人関係術でも有り、ありのままで生きれます。

さゆ
さゆ

大人の対面でのモラハラとパワハラだけは変えれません!

アドラー心理学の『嫌われる勇気』と同様の効果。対話形式になっているところが似ている、わかりやすい書籍と思います。(『嫌われる勇気』よりはわたしは簡単と感じました)

潜在意識の入門に最強で最適の一冊としておすすめできます。

他にも潜在意識の書籍は多くありますが、細かいノウハウ本であると思いますので基礎の後に補充していけばいいと思います。

発達障害で虐待を受けてきたACのわたしでもここまで明るい笑顔で過ごせているのは潜在意識を活用しているおがげです。

最近撮っていただいた写真

まだワークの繰り返しが不十分な点も有り、失敗することも有ります^^;アダルトチルドレンの症状が邪魔をしています^^;

※潜在意識の教室に通っていたのですがわたしの怒りっぽさより途中でやめてしまいました^^;今、アンガーマネジメント講座をしています。(正当なら怒っていい。対抗しないように…)

まとめ 書籍『からだの声をききなさい』で個性を発揮しながらありのままに生きる
さゆ
さゆ

自分でも明るくなったと思う!自信も前よりはついた!!というより、そもそもが発達障害て昔でいえばガンコ職人やん。今はみんな仕事云々の前に健康や自己肯定感を失っているだけだと思う。

しかも発達障害と言われることで良くも悪くも世間の反応が。

「才能あって良い」とか。鬱状態や得意を見つける前にスゴイ偉人を出されたら、みんな凹んで当然と思う…

という、よく最後の結論になってしまうネガティブな気持ちも無くなってくる書籍。良書です。おすすめします。

【増補改訂版】〈からだ〉の声を聞きなさい―あなたの中のスピリチュアルな友人

(おまけ)実践的な体の健康

ヨガ・瞑想・アロマテラピー・リンパマッサージ・サプリメント(DHP,EAP, ビタミンc・b郡 ,カルシウム,マグネシウム,セサミン)

関連記事:>>アダルトチルドレン体調改善・瞑想・マインドフルネス・ヨガニードラ

たいがいのアダルトチルドレンの方はメンタルが落ちやすいと思います。整え方の本も下記の関連記事にて紹介しています。「内観」になります。

関連記事>>「自分がわからない」に辿りつきました。書籍で読んだものは後からわかる