• サーバーとドメインを解約しています。4月末までにドメイン移管する体力が回復しなければブログがなくなることをお詫びします。

うつ病•自律神経失調症改善•おすすめ本・増強療法とカリフォルニアロケット処方の違い

うつ病で嫌なことを思い出す(反すう)は腸内環境との関連が有ります。

腸は脳と同じくらいインテリジェンス(賢いとか知的とかそのくらいの意味で捉えてます)な器官とよく言われています。つまり脳を鍛えるが如く腸を鍛える(綺麗にする)と軽く行動しやすくなります。動いているとまだ嫌な考える時間はその分少なくなると思います。

こちらの本では脳から命令が出ている交感神経と副交感神経のバランスにより、自律神経失調症には4つのタイプがあることを解説。腸内環境の他、どのタイプの不調かを診断し、対処法を解説してました。

うつ病と言えば考え方などで悩んだりすることが多いと思うんですが、体からやった方がラクな理由は頭と心と体は繋がっており、体を整え頭がすっきりした状態の方が考えも纏まりやすくなると思います。

朝食にバナナ、ヨーグルト。この辺りを取り入れるだけでだいぶメンタルは安定しました。人によってはリンゴなどが良かったりします。

そのあたりはこちらでヨガの考えを取り入れた体質のタイプによる健康方が参考になりました。アロマオイルやスパイスなどを体質、季節に合わせて使い分ける知恵がありました。

スパイスといえば

>>関連記事:スリランカカレーおすすめ店

>> 関連記事:アダルトチルドレン体調改善・瞑想・マインドフルネス・ヨガニードラ

いちばん納得して治療に進めた本はこちらです。 読むと、増強療法とカリフォルニアロケット処方の違いがわかると思います。